音楽

こんなおばちゃんになりたい・・

明日の午後から私もシルバーウィークに入るのですが、

その前に・・・つい先日観てきた「patti smith/dream of life」を貼っておきます。

公式サイトは → ここ! 下にあるtrailerの翻訳も有でーす。

この映画でpattiが言ってる「めざめ」って、

声高らかに反戦を叫ぶ事でもなく

ステージ上でギターの弦切ってクラリネット吹いたりする事でもなく

フィンガーペインティングで何かどでかい作品を作ったりする事でもない。

DREAM  OF  LIFE。

この言葉を一人一人が実感する事だ。

ラストで「グワン!」と胸ぐら掴まれるような、スゲー格好いい作品です。

ああ、あたしもこんなおばちゃんになりたい・・(ありったけの敬意をこめて!)

それでは良い連休を~!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

青山陽一 theBM’s @サテンドール 【ライブ!】

やっと【ライブ!】?前置き長っ!、と言われるかもしれませんが、そうなんです。

ここからがライブのお話。

・・・・・・・さて、まずは会場「サテンドール」から参りましょう。

「サテンドール」は仙台・立町ドンキホーテのそばにあるライブハウス。

地下1階にあって、間取りも独特の縦に長い造りになっている個性的な会場。

ステージ、フロアに隣接してバーカウンターがあり、そこで開演前

青山さん・伊藤さん・ムーさんも一緒に時間を過ごしていて、アットホームな感じ。

そして「サテンドール」は何と言っても椅子の座り心地がいい(ここ力点ね!)

ほとんどがボックス型に囲ってあるソファー席なんですが

座って両腕を伸ばしてみると、湯船につかってる時のあの体勢になるのです~。

ああ、リラックスまったりですわね~とmg嬢、Mさんと語らっているうちに開演。

客席の間を抜けて、お三方登場。

では「セットリスト」は後半にして、まずUPされてた「Friday Rider」をハリハリ!

ちょっと会場が暗めに映ってる気がしますが、

そこがまた「秘密の集い的テイスト」で青山さん的かな?

実際はもっと明るく見えましたよ。

・・・・・・・・

1曲目は「Highnoon」。

ライブ前にすでに飲んでいる私たちへのアンサーソングですな(違?

2曲目「怪しげな恋」。こそーりリクエストしていたあの曲だ。嬉しい。

この曲が収められているアルバム「Ah」は、アートディレクションが

凝りに凝りまくっていて、収録曲もそれこそ「怪しげな名曲」が多くて大好き。

何かこう「知的で上品なサディズム」を感じるんですよね←超褒め言葉ー!!!

3曲目「SPIDER」に出てくる孤高の詩人なんて

今朝から紙とペンを禁じられる んですよ。辛そう。でも羨ましい・・・←謎

あ、話ずれましたが、以降「休符を数えて生きるのは(Good!)」から

ラストまで、私には演奏された全ての曲が連なって一つの大曲みたいに聴こえました。

特に「Horizon」あたりからの伊藤さんのオルガン、凄かったよね~。

右手が火を吹き、鍵盤を走り回るみたいな・・・。もう右手に視線釘付け・・・。

2ndセットの「Million Miles Long Hair」も色んなアレンジで聴いていますが

何度聴いても新鮮さは薄れず。良質の短編映画を観るかの様に、

様々な映像やイメージが頭の中に浮かんでは消えていきます。

「Just One Note」は初の生だね。Hip!Alright Keep It!!

この時、あースタンディングでも良かったかなー、と思ったんだ。

そして、右を見ても左を見ても言葉の壁、壁 という歌詞にちょいとギクリ。

今現にこういう経験している自分。あります、こういうの。

「難破船のセイラー」~「罪深きグルーヴィー」への流れは、本当に罪深き素晴らしさ♪

encoreの「Can’t Find My Way Home」では、隣のMさん大喜びww。

そして「Rainbow」でカラフルに終了。

終演後はほんの少し青山さんにご挨拶。感謝を伝える。

そして、地元で青山さんを観れた幸せを噛みしめながら、

mg嬢・Mさんと一緒に某ロック喫茶「P」へ。全国的に有名なお店。

ここにはお客さんの顔を見るだけで、音楽の趣味が分かるというマスターがいる。

私は初めて行った学生の頃、突然トーキングヘッズかけられて驚いた。

そして最近、エラく凹んでる状態で行ったら、たまたまかもしれないが

ラモーンズをかけてくれた。すっかりヘイホーな気分になり上機嫌で帰宅。

店内ではMさんのご友人、そしてマスターも交え楽しくおしゃべり。

やはり「相対性理論」は聴くべきなのかね~。

そして帰り際、皆様のご厚意により早めに帰宅しなくてはならない私のために

「G=O=D」をかけてくれた。

「Freedom」の途中で店を出る。出たくなかったけど。

外まで見送ってくれたmg嬢、本当にどうもありがとう。

お土産は翌日の朝ごはんになりましたよ!

〈当日セットリスト・オフィシャルより)

G=O=D On The Road@仙台サテンドール2000

出演:青山陽一 the BM's(青山陽一vo,g/伊藤隆博org,cho/中原由貴dr,cho)
(1st set)
1. Highnoon
2. 怪しげな恋
3. 休符を数えて生きるのは
4. Barizogon
5. Horizon
6. Freedom
7. 回転もしくは上下動
(2nd set)
8. Million Miles Long Hair
9. Just One Note
10. Friday Rider
11. 難破船のセイラー
12. 罪深きグルーヴィー
13. Blind Touch
14. God Press You
(encore)
1. Can't Find My Way Home(steve winwood)
2. Rainbow

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青山陽一 theBM’s @サテンドール【ライブ前】

20090418132300001

   

 前日が序章で、次が【ライブ前】というのも

 なかなか話が長くなりそうですが(笑)

 それだけ色々な事があって楽しい一日だったんですよ。

  本当に観たいライブは年に数回しか見れないので、

  それだけ喜びもヒトシオ。

以下、ライブ前にも関わらず、テンション上がりっぱなしだった私の行動を少々。

・・・・・・・・まず、仙台駅着。

当日は夕刻からの「楽天対オリックス戦」のため駅前はかなりの混雑。

この野球観戦組のお客様とは、終電でもご一緒する事になり(ひゃー!)

私としては「夏休み最後の日、共に東北の短い夏を楽しんだ同志」

みたいな妙な連帯感が生まれたのでした(終電きつかったけどね)。

それから、何食べた?マンゴーかき氷→中華がゆ。暑いのか寒いのか?

その後、足つぼ押してもらってから、徒歩でサテンドールの会場確認。

そこで、ムー中原女史に遭遇したんだ。

テンション上がりすぎて、ルー大柴みたいな馴れ馴れしさで接近する。

カーネーションのブートレグも聴いたばっかりだったので、すみません~。

・・・・・・・・

そして、夕刻「Twitter」でお知り合いになったmg嬢とご友人のMさんと待ち合わせ♡

(この表記の仕方でよかったかしらー?どーお?)

いやー、始めましてどうも、私がカンガルー女こと○○です、等互いに

自己紹介しながら移動。再度、念入りにサテンドールの場所確認。

うい、『ドンキ・ホーテ』のすぐ裏手。よし、時間もあるので少々街歩きしましょう、と

Mさんの誘導で せんだいメディアテークへ。

こちらの1階にはミュージアムショップがあるのですが、ちょうどそこに

Mさんが作られた作品が展示されていたので、ささと見せていただく。

時間がなくて残念でしたが、今度また展示会等あればお知らせくださいね。

そして、館内のカフェでお茶、ではなく皆で酒(爆)。暑かったもんねー。

飲みながら、一般人の私が聞いていいのかしら~みたいなディープな話題が続々と。

でも、すっごく楽しくてゲラゲラ、まじまじー、どひゃーみたいなー。

ライブ前にすっかり出来上がっている、女子3人組。愉快な一時でしたよ。

・・・・・・・で、はたと気づきました。

「ここって、メディアテーク。ってことはー・・・・

ガンダムファンでSAKANAも大好きな、友人の旦那さんT氏がいる!」

じゃあ、3人で青山さんのライブに引っ張っていきましょう、そうしよう!決定だ!

という事になり上のフロアへGO!(少々強引な流れ)。

館内スタッフに「T氏はいらっしゃいますか?」と尋ねたところ

「今日は日曜ですし帰った、と思われますが・・・。」と残念なお答。

ちっ、次回は夫婦で来るようにね!!!

そして「まあ、しょうがない3人で参りましょう」とmg嬢・Mさんと私は

立町の路地を勇ましくサテンドールにむかうのでした(続)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

青山陽一 theBM’s @サテンドール 序章

20090823163000001

  今家に着きました(日付変わって翌日の24日)。

  ・・・そんな訳で、サテンドールに行って参りました。

  今日は「序章」って事で、一日の感想をさらりと。

  とても楽しかったでーす。

ライブ前も、ライブ中も、ライブの後も楽しい事が沢山!

最後なんて「終電あきらめて、ネットカフェで寝る!!」とか言い出すしねー(笑)。

家に帰りたくなかったなー。もう少しゆっくりしていたかった。

・・・・・・・・

そうこうしているウチに深夜1時。

サプライズや楽しかった事を数点書き留めて、今夜は寝ることとします(時系列毎に)

【サテンドールを下見に行ったら、ムーさんが・・】入口から姿を表す。

最近カーネーションのドラマーとしても活躍される中原由貴さん。

ご本人!と思ったとたん、わたくしオバちゃん気質むき出しに

「ああムーさん!私会場下見に来たの。ファンです、会えて嬉しい、あああ!」

みたいな事を唐突に話しかけてしまったんだよねー。

初対面の知らない人に「ムーさん!!」って手を振りながら寄ってこられても

ご本人困ったのではないか、と今になっては思います(笑)。

まあ、ライブの2ndステージ終了後も、客席から手を伸ばして握手してもらったり等

やりたい放題だったんですがね。ああ、同性でよかった・・・。

【ライブ・ライブ!】仙台に、青山さんがバンドとしていらっしゃる事自体初めて、

という事で非常に感慨深いものがありましたなあ。

最近はこちらから遠征するのがもっぱらだったから。

セットリストの中にも、こそーり青山さんにリクエストしていた

「怪しげな恋」が入っており、個人的には二曲目からかなり満足モード・・・。

他にも「罪深きグルーヴィー」「難破船のセイラー」「GOD PRESS YOU」←!

等など、ツボ曲満載、っていうか全てがツボ曲なのですがね。

ああ、それとやはり伊藤さんのオルガンが凄かったー。

音がガンガン前に出てきて、こりゃ格好ええ、これが「オルガンロックの真髄!」と

心から思いました。満足です・・・。

【ライブのお友達】ライブ終了後の二次会@某ロック喫茶を含めて

初対面の方3名とお会いしたのですが、何だか最後の方は名残惜しくなってしまい

「もう家に帰らなくてもいい!」という前述の発言につながるのですな。

個人的には非常に楽しかったです。また何処かでお会いいたしましょう!!

では、何だかんだでもう深夜二時。

おやすみなさい皆様・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は仙台で青山陽一 theBM’sのライブだよ!

Hyca3022_s

 今日も、最近すっかりお約束の休日出勤(泣)。

 不意に訪れた「お昼寝の時間」に、一瞬汗が滝状態でしたが

 無事ノルマ達成!尻上がりにピッチ上昇の自分、偉いぞー。

 スッキリした気持ちで明日サテンドールにむかえます。

会場は此方だ! → 仙台サテンドール

楽しみましょう、皆様~♪♪本当に楽しみー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Guiter=Organ=Drums」強化月間

こんな雨降りではお客様も来るハズ無いのに体のダルさを理由に「リ○D」をガン飲み。

エナジー満タンなのにもかかわらず、やはりお客様は来なかった・・・。

何だか空振り気分の昨今ですが、このエネルギーを「G=O=D」強化月間に!

下は青山陽一 theBM’s、8/2梅田RainDogsでのライブ映像。

曲は以前も貼った「Just One Note」ですが、こちらは更にライブ感倍増。

まずは、ペッタン。

いやー、いいね、いいね~。

3分50秒ぐらいからの、青山さんのギター小僧っぷりが観ても聴いても実に楽しい。

伊藤さんの方見て、ニヤリ。

「こんなプレイもイケるけど、ど~よ。いいでしょ。ああ、いい感じ~。」

「まだまだいっちゃうよ。で次、こんなのは?」

「おらおら、やっぱりいい音だ!」

「伊藤君、ムーさん、最高!楽しい、気持ちいい!」↗↗↗

・・・・・・・・・・

と、こんな風に私には見えます(笑)。

係長も娘さんと一緒にライブどうですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Guiter=Organ=Drums」購入

Hyca3022_s

 いやいや、涼しいね~夏向きだね。

 そんな訳で、Yoichi  Aoyama the BM’s の新譜

 「Guiter=Organ=Drums」発売です。

1曲目「Just One Note」はこんな感じだよ。

伊藤さんの七色オルガン素敵!

青山さんも、相変わらずすっごく気持ち良さそうにギタープレイ。

そして、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ムー中原女史!

私も『Twitter』で猛烈プッシュしております。→ カンガルー女

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の竹は5メートル!

よって、担ぐのも非常に楽でございました。えいさっさ。

七夕作りもみんなで「Beautiful Songs」を観ながら、のんびりと。

(ウチのお客様は粋な人が多い!)

今日の午前中は天国だったな。たまに訪れる至福のひと時に心洗われる。

それにしても妙子さん、マキシ丈ワンピース似合ってるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーシック・セイラーズ

Wk1090629_jk

 もう既に手元には届いており

 タワレコ試聴機が許す限り、頭からの数曲は聴いているのですが

 本気で聴くのは、今日これから。

・・・なんと言いましょうかね。

個人的には、このアルバムのコンセプトやアートディレクションを味わう、

という行為だけで、既にお腹が満腹状態。

ジャケット表・裏・開いて・読んで、を何回も。

お色の具合とかフォントとか「あらすじ」とか、音を聴く前から

「さあ、あなたもこれから私達と一緒に航海に出るのですよ~♪」と

旅に誘われているかの様で、まず心の旅支度からゆっくり始めておりました。

さあ、ぼちぼちでしょうか。

何だかフェリーに乗りたくなってきたなあ。

そういえば、今晩NHK総合に出演されるようですね。見なくては!

・・・・・・・・・・

さて、シーシックの事を考えておりましたら、

私が生まれて初めて自分の意志で購入したコンセプト・アルバムって何だっけ?

という思い出がゆらゆらと。

あれは、あがた森魚さんの「バンドネオンの豹」だったのだよ。

ーんどねおんのじゃっがーのーっ、ーのっがたありーい(ちゃーらっちゃちゃららー)

北関東から冬のブエノス・アイレスに連れていってもらったんだよなあ。

ああ、懐かしや。

(今は実家にございます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やめておくれ

あまりもう、しんどいニュースは聞きたくないわけですよ。

日本のロックファンにとって、今年みたいに受難の年は無い訳で。

アベフトシさん、早すぎるでしょう。

凹みますよ。

時間差で、じわじわ来るはずですよ。

何だかもう、嫌になってきたな。

生でアベさんを観たのは、ミッシェルさんがデビューしたての頃。

「青天の霹靂」ってイベントで、

キヨシロー、ハイロウズ、せっちゃん → せっちゃんココ

に囲まれて、スルスルとステージに上がってきたんだけども。 

音が半端なく凄くてさ。

ああ、これホントにヤバい、と。

日本のロックの世界に『ヒエラルキー』みたいなのがあるなら

彼らは今間違いなくトップに居る人達なんだ、と思いました。

後はもう、語りません。

神様はギタリストを早死にさせるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)